サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ

レーシックをする前にまずはサポート体制が整っている病院を探すということを頭に入れておきましょう。
定期健診や再手術を無料でしてくれる病院もあるので大変お得です。
安全とされているレーシックなのですが、実際には僅かな確率ですが、感染症や合併症が引き起こされています。
また視力が思ったより回復してくれなかったり、視力が元に戻ってしまったりなども報告されています。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシックでは技術や経験も大切なことですが、しっかりとサポート体制が整っている病院を選ぶのもポイントに入れましょう。
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください。

 



サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶブログ:201124

頑張っているけど痩せない…
痩せたいと常に思いながらも行動がついてこない…
減量や食べ物のことが1日中頭の中から離れない…
みなさんは、こんな経験ありませんか?

減量って、より良い自分になるための行動なんですから、
本来、やればやるほど人生が活き活きとするもの。
なのに、やればやるほど暗い気分になっていく…って、
悲しいですよね?

減量も成功せず、
気分も暗くさせる減量の典型的なパターンと言えば…

「痩せたら○○しよう!」
そう思って減量を始めることってありますよね?

もちろん、減量に成功して、
痩せた後の自分に様々な期待を持つことは良いことですが、
その痩せたらする○○が、
痩せなくてもできることなら要注意なんですよね!

例えば…
「痩せたら同窓会に出よう!」
「痩せたら恋人を作ろう!」
「痩せたら就職しよう!」
「痩せたらオシャレになろう!」
「痩せたらスポーツを始めよう!」
…そう思って減量をしている人がいるとします。

もちろん減量が上手くいけば、問題はありません。
でも、そうではないのなら…

もしかすると…
恋人がいないこと(作らないこと)、
就職できないこと(しないこと)、
スポーツしないことなどを継続するために、
減量を失敗させている、
もう一人の自分がいるかもしれないんですよね。

このように、
減量の失敗を
何かを「しない」ための道具として利用しはじめると、
当然減量は成功しませんし、
人生を好転させるチャンスまで逃すことになっちゃうんですよね!

嗚呼,いい気分

ホーム サイトマップ