レーシックの手術方法を理解しよう

レーシックの手術方法を理解しよう


レーシックの手術方法を理解しよう
レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に麻酔となる成分が含まれており、このことを点眼麻酔と呼んでいます。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシックを受けに行ったら想像していたものと違う」とならないようにしっかりと勉強をしておくことが大切です。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的に抗生剤の入った目薬を挿して終わりで、おおよそ15分〜30分程度で全ての過程が終了します。





レーシックの手術方法を理解しようブログ:200917

シェイプアップ中の人なら
誰でも感じたことがあると思うんですけど…

シェイプアップを始めて、
摂取カロリーをコントロールするには、
食事を残す勇気って重要ですよね?

目の前に並ぶ夕方食を見て、
これを全部食べたらカロリーオーバーだな…と思う。

せっかくシェイプアップのために、
食事量をコントロールしてきたことを思えば、
できれば今日もカロリーを抑えたい!

でも、せっかく作ってくれた人に悪いし…

こうやって出された食事を摂取していては、
カロリーコントロールの効果は落ちてしまいます。

そういう時は、
くよくよ悩まずにおいしくご飯を食べれば良いのですが…

とは言え、シェイプアップは継続が命。
24時間ぐらい、たまにだったらいいと思いますが
「食べ物を残すのはダメ!」
という考えで日々の食生活を送っていたら、
シェイプアップを成功させるのは難しくなってきてしまいますよね。

特に、娘の頃から
「ご飯は残さず食べる」ということを大事にしてきた家庭では、
「潔く残す」なんてこと論外ですよね。
広い世界には、食べ物がなくて困っている人もいますから…

しかし考え方を少し変えれば、肥満は一種の病気。

出されたご飯をすべて食べることで、
肥満という病気が悪化するのに、
それでも食べることが、健康にとっては良いことなのでしょうか?

残すことでその病気を治すことができて、
健康な体質を手に入れることができるなら、
必要以上のご飯を残しても、
粗末にしたことにはならないのでは?

食べ物や、それを作ってくれた人に
感謝するのはとっても大切なことです。
感謝した上で、健康のために残す勇気を持つことも、
シェイプアップには必要だと思います。

とっぴんぱらりのぷう
レーシックの手術方法を理解しよう

レーシックの手術方法を理解しよう

★メニュー

日本国内でのレーシック実績
レーシック手術の割引制度を有効活用
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
大切なのはレーシックの実績数
もうコンタクトレンズは必要ありません
レーシックの手術方法を理解しよう
そもそもレーシックってどんな治療なのか
100%失敗しないとは限りません
安全性の高いレーシック手術
レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)優良レーシック手術がここにある