そもそもレーシックってどんな治療なのか

そもそもレーシックってどんな治療なのか


そもそもレーシックってどんな治療なのか
手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。
レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。 オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。
誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。 現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。





そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:210407

よくシェイプアップ中は
ご飯の回数を減らしたほうがいい…
と考えている方がいますが、
それは大きな誤解です!

シェイプアップ中だからこそ、
1日3食食べたほうがいいんですよ!

どうして1日あたりの食事の回数を減らすのが、
シェイプアップ上よくないのかというと…

例えば、
ご飯の回数を1日2食に減らしたとします。
こうすると普段より1食少ないので
それだけで痩せた気になります。

しかし実際は
他の2食のご飯量が多くなってしまったり、
1食抜いた安心感から間食をしてしまったり…
結局は1日トータルの摂取カロリーは
普段より多くなってしまいがち…

また、
1日の摂取カロリーが一緒なら、
2食よりも3食で摂取したほうが
体脂肪ははるかにつきにくいといわれています。

それは
ご飯とご飯の間があくと、
身体の中に栄養分を蓄えようとするからです。

つまり、
ご飯が不規則だったり回数が少ないと、
いつ次に栄養を摂れるか判らないと判断しているんですね。

なので、
1日1800カロリーなら、
900カロリー×2食で摂取するよりも、
600カロリー×3食で摂取したほうが
身体に脂肪がつきにくいってことになるわけです。

「午前中はどうしても食べる気にならない」っていう人も、
ヨーグルトやシリアルといった軽いものでいいので
食べるようにしてみてくださいね。

こうするだけで、
身体に脂肪がつきにくくなるので、
結果としてシェイプアップも上手くいき、
リバウンドの反動も少なくて済みますよ!

午前中、少し早起きをして
ご飯を食べるようにするだけで、
シェイプアップの成功率がアップする上に、
1日をスッキリした気分で過ごす事が出来るなんて
まさに一石二鳥ですよね!


そもそもレーシックってどんな治療なのか

そもそもレーシックってどんな治療なのか

★メニュー

日本国内でのレーシック実績
レーシック手術の割引制度を有効活用
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
大切なのはレーシックの実績数
もうコンタクトレンズは必要ありません
レーシックの手術方法を理解しよう
そもそもレーシックってどんな治療なのか
100%失敗しないとは限りません
安全性の高いレーシック手術
レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)優良レーシック手術がここにある