もうコンタクトレンズは必要ありません

長いスパンで考えることによって、レーシックよりもコンタクトの方が高い場合もあります。
またレーシックを受ければ半永久的にコンタクトレンズやメガネを使用しなくても裸眼で過ごすことが出来ます。
コンタクトレンズを使用している人の中でレーシックを受けようか迷っている人は大勢いらっしゃると思います。
実際にコンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがあるのです。 誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。
もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。 コンタクトレンズの使用者にとって裸眼の快適さはとても魅力的なものでまさに夢にまでみたこともあるでしょう。
面倒くさいことが一切無くなるレーシックでコンタクトレンズを卒業してみてはいかがでしょうか?

 



もうコンタクトレンズは必要ありませんブログ:210116

むすめが生まれてから8ヶ月が過ぎました。

むすめが何より大好きなこと、
それは、抱っこです。

わたしが仕事から帰り、わたしの顔を見るや、
ニカッと顔をほころばせ、目をキラキラさせながら、
抱っこされるのを待っています。

着替えて手を洗ってから抱っこをしようと思うわたしは、
意味がわかるのかどうかはわかりませんが、
「ちょっと待っててねー」と言いながら
自分の部屋に向かいます。

すると、
背後からは
「フンギャーッ!」という泣き声が聞こえてきます。

その声に振り返ると、
むすめは何とも切なく悲しい顔で
泣いているではありませんか。

わたしは胸がつぶれそうになりながらも、
「せめて手だけは洗わねば…」と
洗面所に向かいます。

振り返って一旦目が合ったにもかかわらず
去っていくわたしの姿を見て、
泣き声が一段と大きくなります。

ダッシュで手を洗い、
服を脱ぎ散らかしながら娘の元に駆け付けると、
むすめはわたしの目にビシッと視線を合わせながら、
アゥアゥと喘ぎながら目に一杯涙を溜めています。

真っ赤になって目に一杯涙を溜めているむすめを抱き上げると、
むすめは、わたしの腕の中に収まるまでのわずかな間に、
もう泣きやんでいます。

わたしの腕の中でわたしの顔をじーっと見つめて
ニッコリ微笑んでいるむすめの目は、
帰ってきたわたしの姿を見つけた時と同じ目をしています。

その後は、
わたしの眼鏡を取ろうとして阻止され、
わたしの鼻をもぎ取ろうとして阻止され、
唇を引っ張ろうとした手をわたしにバクッと食べられそうになって、
驚きながらもキャッキャと喜びます。

そんなむすめとのやりとりの一時、
わたしは幸せを感じます。


ホーム サイトマップ