そもそもレーシックってどんな治療なのか

手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。
レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。 オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。
誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。 現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。

 



そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:201113

ある日会社で見せられた禁煙ビデオで、
わたくしは少なからずショックを受けた。

そこにはタバコを吸っている者と、
そうでない者の肺の中が大写しにされていた。
当時、わたくしは一日に一箱吸う喫煙者であった。

タバコを吸っていない者の肺はきれいな色をしていたが、
吸っている者の肺は黒いタールがびっしりへばりついていた。

それを見たわたくしは
「自分の肺もあんなになっているのか」と思うと、
ぞっとした。

数年前から家内にはタバコをやめるよう、
しつこく言われているのにもかかわらず
無視して吸い続けていた。

肺がんで苦しんでいる人の映像まで見せられて、
わたくしはついにタバコをやめようと決心をした。

しかし、一気にやめることはできなかった。
そこで徐々に一日の本数を減らしていくことにした。

最初は5本減らし、一日15本にした。
これはなんとかいけた。

半月後には10本にした。
このあたりからかなり苦しくなってきた。
ガムで口をまぎらわしながら耐えた。

1ヶ月後には一日5本にした。
ここからは本当に苦しいニコチンとの闘いであった。

一日5本が8本になることもあった。
つらい一進一退が続く…
そのとき、わたくしはこの剣が峰を乗り越えるには、
あのビデオの力をもう一度借りねばと思った。

会社からビデオを借りてきて再び見た。
ニコチンに負けそうになっていたわたくしに、
それは喝を入れてくれた。
ついにわたくしは二ヶ月後に禁煙に成功した。

これをきっかけに、
近くに住んでいる娘夫婦にも禁煙をさせようと思った。

娘夫婦にも例のビデオを見せた。
ビデオを見終わると、
2人とも少しショックを受けた表情をしていた。

娘夫婦もタバコと縁を切ることができた。


ホーム サイトマップ